インドネシアの時差は3つに分かれている!WIB・WITA・WITって何?

シェアする

インドネシアと日本の位置関係はこんな感じです。

さて、両国の時差ってどれくらいでしょう?

「バリ島に行くけど、時差ってどれくらい?」

「インドネシア国内で移動するけど、国内でも時差あるの?」

ということで、今回はインドネシアの時差についてお伝えしていきます。

■インドネシアの3つの時差

インドネシアには3つの時差があります。

黄色の地域、緑の地域、紫の地域。

インドネシアは横に長い国なので、このように3つの時間帯に分かれています。

ちなみに、紫の地域は日本と同時刻です。

それでは、ひとつずつ説明していきます。

■WIBとは?

WIBとは、Waktu Indonesia Barat(ワクトゥ インドネシア バラット)のこと。

「西部標準時」と呼ばれ、この地図の黄色の地域です。

首都ジャカルタやジョグジャカルタのあるジャワ島、アチェやメダン、パダンのあるスマトラ島、ポンティアックがある西カリマンタン島が該当します。

この地域の時差は、日本の−2時間。

■WITAとは?

WITAとは、Waktu Indonesia Tengah(ワクトゥ インドネシア テンガ−)のこと。

「中部標準時」と呼ばれ、この地図の緑色の地域です。

バリ島、ヌサ・トゥンガラ諸島、サマリンダのある東カリマンタン島、スラウェシ島が該当します。

この地域の時差は、日本の−1時間。

■WITとは?

WITとは、Waktu Indonesia Timur(ワクトゥ インドネシア ティムール)のこと。

「東部標準時」と呼ばれ、この地図の紫色の地域です。

クパンがあるティモール島、イリアンジャヤ(パプア)がある西ニューギニア島などが該当します。

この地域の時差は、日本と同じです。

■バーチャルトリップしてみよう!

▶1日目:羽田空港から7時間半のフライトでジャカルタへ。

→ジャカルタに到着したら、2時間遅らせます。

▶2日目(①):ジャカルタから約2時間のフライトでビーチリゾート地バリ島へ。

→バリ島に到着したら、1時間進ませます。

▶3日目(②):バリ島からコモドドラゴンのいるコモド島(ヌサ・トゥンガラ諸島)まで1時間半のフライト。

→バリ島とコモド島間の時差はなし。

▶4日目(③):コモド島からバリ島を経由し、ボロブドゥール遺跡を見にジョグジャカルタへ。

→ジョグジャカルタに到着したら、1時間遅らせます。

▶5日目(④):ジョグジャカルタからジャカルタへ戻り、日本へ帰国。

→ジョグジャカルタとジャカルタ間は時差なし。帰国したら時間を2時間進めます。

これはあくまでもバーチャルトリップ!というわけで、かなり無謀なスケジュールです(笑)

インドネシアでテレビを見ていると、「WIB10:00から」といった感じで番組が始める時間のお知らせがあります。国内で時差があるため、同じ番組を見るにしても始まる時間が違う…なので、こういったアナウンスがあります。基準は首都ジャカルタのあるWIBです。

普段時差なんて気にしたことがない生活だったので、この感覚が妙に新鮮だったのを思い出します…