こんな効果がある!【大人のための塗り絵ワークショップ】

シェアする

一時期話題になり、今でも人気のある「大人の塗り絵」

人気なのは知っているけど、なんで塗り絵がいいのか気になっている人もいるかと思います。

というわけで、大人の塗り絵の効果についてご紹介します。

【塗り絵の効果】

■ストレス解消|リラックスしワクワク感を高める

好きな色を選び、思い思いに塗っていく。

見ているだけでワクワク気持ちが上がるデザインを選ぶ。

「楽しいな」と思えることがストレス解消につながります。

■アンチエイジングや老化予防|脳の活性化

どんな塗り絵なのかまず見る、どこにどんな色を塗るか配色を考えたり全体の構図のバランスを考える、色を選ぶ、どういう風に塗っていくか考える、色鉛筆やクレヨンなどを持って塗る、色の濃淡をつけたり工夫する…

塗り絵をするだけでも、こんなに脳を使っています。

脳を使うと血流もアップし脳を活性化させ、認知症予防や老化予防にもつながります。

■深い癒やし|集中したり無になる

いざ塗り始めるとあっという間に時間が流れます。

集中していたり時間を忘れて夢中になっているときは、頭の中が空っぽになり自然と瞑想に近い状態になると言われています。

そうすることで、ざわざわしていた心も整い、深い癒やし効果が期待できます。

【ミカリンの塗り絵ワークショップの効果】

インドネシアの塗り絵を使ってワークショップを行っています。

普段見慣れないインドネシアの図柄や構図を目にしたり(視覚)

色鉛筆のほかにパステルを使い指で塗ったり(触覚)

ハーブティーやコーヒーを飲んだり(味覚・嗅覚)

インドネシアの音楽に南国の雰囲気を味わってみたり(聴覚)…

五感を満たしながら自分を知る、そんなワークショップです。

■「今」の自分を知る|気になる色

選んだ色には、その時々の心が表れます。

気になる色には「今」の自分を知る要素がたくさん。

たとえば、「赤」が気になったAさん。

「新しく始めたいことがあるので、どんどん積極的にそしてアグレッシブに突き進んでいきたい」と元気いっぱいで話しています。

しかし、それぞれの色が持っているキーワードを知ると、

「最近、忙しくてちょっとイライラすることが多かった。言葉も攻撃的かも…」

という自分にも気づきました。

■なりたい自分になる|サポートカラーを決める

実際に色を塗っていく前に、今後3ヶ月間の自分をサポートしてくれるカラーを決めます。

そして、その色を意識しつつ塗り絵をします。

完成したものは手帳に入れて持ち歩いたり、部屋に飾ったりと日頃から目につくようにしておきます。

3ヶ月ごとの塗り絵は、自分の現在地を確認したり自分自身を見直したりすることで、確実になりたい自分に近づくためのツールでもあります。

■自分を知る|仲間とのシェア

完成した塗り絵についてシェアします。

「サポートカラーは何色か」「構図や配色などから感じたこと」など、塗り絵を通して気づいたことや感じたことを仲間とシェアすることで、改めて自分自身についても知ることができます。